ひとりと1匹の日常

保護犬ごまちとの日常生活と、そのなかで思うことをつれづれに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝の夢と雪とごまち

今朝は雪で(起きてから分かったのだが)、外がうす暗くて、静かで、朝寝坊してしまった。

その朝寝坊中に見た夢、
どう見ても病気でだいぶ体調が悪く、弱っている母を車に乗せ、私はどこかへ急いでいる。
自分の用事を優先させ、母を病院へ連れて行こうともしない。

また、場面は変わり、
迷い犬のだいぶ痩せてしまった黒いラブラドールが、それでもしっぽを振り、
私に助けを求めるように近づいいて来た。
私は少し撫でてあげるものの、やはり何かの用事のために保護せずに行ってしまった。

ものすごく気分が悪くなって起床。
そして、ふと外を見ると、庭に雪が積もっていた。

!cid_9A429847-76AF-49F8-8A91-351A624F0C70.jpg

天気予報では今日は曇り。
慌ててもう一度天気予報を見たら、ちゃっかり雪になっている。

私の住む街は、雪は冬に数回降る。
車通勤の私は、スタットレスタイヤを履いているものの、雪に慣れておらず、雪道の運転はドキドキだ。
また、雪が融けた翌朝の路面凍結も怖い。
つまり、雪が降ると、かなり憂鬱。

なんとか、休日の今日のうちに、家の前の雪をかかなきゃ。
家の前は日陰で、ほおっておくといつまでも雪が残る。

とにかく、雪かきできる雪はすべてかき、
さて、残った圧雪をどうするか。
力技で、ガツガツするのはかなり大変だ。

ここで、登場するのが「融雪くん」(融雪剤)。
まんべんなく撒き、しばらく待つ・・・。
圧雪がシャリシャリに溶けたら、それをかく。

女ひとりの雪対策は、いかにして体力を使わないか、だ。
あまり降らなかったせいもあり、この通り。

EE00FBAD-2D1B-4415-9D7B-88EC86B58A8F.jpg

もうすでに両腕、両肩が痛いんだけど。

融けた雪が夜中に凍らないよう、夜になったらまた「融雪くん」を撒いておこう。
朝凍っているのは家の前だけではないので、会社に行くまで心配なんだけど。

いやだねー、怖がり屋さんは。

そんなことをしている間この方は、

!cid_D8F76ECF-BDE6-4E36-AC67-C0D66AEF5BF2.jpg
すやすやー。

そうそう、こんな日は暖かい部屋で寝るのか一番。

さて、ひと段落して今朝の夢を思い出す。
実際、母が病気で亡くなる前に私はもっとできることがあったのではないだろうか。と、
口惜しくなることたびたび。
世の中の不幸な犬たちに対しても、まだまだやれることがあるのにできていない。と
思うこともたびたびあるのである。

その思いが、思い出すたび自分に対してひどく腹が立つ夢を見させたのだろうか。

いや、自分のなかにいるもうひとりの自分。
母の病気を認めたくない、見つめたくない。不幸な犬を見たくない。
面倒なことにかかわりたくない。

そんな自分の姿なのだろう。

見たくないと思いつつ、面倒は嫌だと思いつつ、
やらねばならない、やらねば気が済まない、やらねば絶対後悔する。と、
いったん面倒だと思っても、思い返して行動する。

ごまちのことは心底好きだけど、こんな寒い日の散歩は嫌だ。
でも、ごまちのため、自分のため、行かねばならないのである。

さて、夕方散歩に行ってこよう。最短コースで。








にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

はるなごまち

Author:はるなごまち
数年前に両親、そして愛犬をたて続けに亡くし、失意のなか、
去年、とてもさびしがり屋の保護犬ごまちと暮らすこととなりました。

ひとり暮らしと、愛犬を守る重圧を感じつつ、日々暮らしています。
そんな私とごまちの日常と、日々思うことをつづっていきたいと思っています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

ごまち、腎不全⁉  Jun 04, 2017
動物愛護ボランティア1年生 Apr 01, 2017
だまされる女 Mar 10, 2017
ごまちの通院 Feb 19, 2017
週末の片頭痛 Feb 15, 2017

最新トラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

プロフィール

はるなごまち

Author:はるなごまち
数年前に両親、そして愛犬をたて続けに亡くし、失意のなか、
去年、とてもさびしがり屋の保護犬ごまちと暮らすこととなりました。

ひとり暮らしと、愛犬を守る重圧を感じつつ、日々暮らしています。
そんな私とごまちの日常と、日々思うことをつづっていきたいと思っています。

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。