ひとりと1匹の日常

保護犬ごまちとの日常生活と、そのなかで思うことをつれづれに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物愛護ボランティア1年生

今日から4月。
私は入社式以来、約20年ぶりにそれっぽい式に参加した。
我が街の動物愛護ボランティア登録式。
今日から1年、参加する。

写真入りの登録カードをいただいて、今日からさっそく講習開始。
これから1~7項目の講習を受ける。そしたら正式に活動に参加。

そして今現在この施設に収容されている犬や猫と対面。
ここは、半年以上前、うちのごまちがいたところ。

当時私はここには入れなかった。
すごく暑い日、ガラスで隔てられた向こう側はどうなっているのか心配だった。
こちらと同じように、エアコンがあるのだろうか、
居心地はいいのだろうか、それが心配だった。

今日、ひと安心することができた。
犬や猫たちがいる場所は、いまここにいるごまちとあまり変わらない、
エアコン付きの、清潔で、そこそこ居心地の良さそうな場所だった。

そこそこ、というのは、そこが家庭ではないから。
無機質で、いかにも施設という場所だから。
そこには、柔らかなベッドはない。
飼い主のぬくもりもないのだ。

施設の職員さんはみな、日本で一番の動物愛護家のようだった。
熱心で情熱的。
たまたま今ここにいる人達がそうなのか、
そうだからここに配属されているのかは分からない。
でも、今ここに収容されている犬や猫は安泰のような気がした。

その陰で、県内で殺処分されている犬や猫は、おととしで59頭。
これらの失われてしまう命、あとどのくらいでゼロにできるのか、それともできないのか。
この一年で、しっかり見定めたい。

ここに相談してくる人の中には、
「孫が犬の鳴き声がうるさいと言うから、処分してくれ」
というものもあるそうだ。

・・・言葉にならない。

なぜ、動物の命を、命として尊重できないのかな。
私には分からないのだ。
そういう輩がいる世の中、どうしたら変わるんだろか。

ボランティアとして登録された人々は、老若男女、人生いろいろ。
犬猫のために何かしたい!そういうキーワードで共通点がある以外は、それぞれがそれぞれの様子。
人と人が出会う場所、活動する場所では、
動物愛護に関わらず、どうしても人間関係が発生するわけだけど、
どんな人がいようと、動物愛護のために活動している、その信念はブレずに持っていたい。
人のためではなく、犬猫のため活動するのだ。

ライフワークとしていきたい、動物愛護活動。
最初の一年、有意義に過ごしたい。

今日ごまちさん、
最近、薬を飲んだふりする技を覚えたんだけど、
大好きな馬のアキレスあげたら、ポロッと出てきてしまいましたとさー。
IMG_0864.jpg


も一回飲ませようとしたら、普段は使わないわんわんハウスへ引きこもり、
寝たふりしてしまいましたとさー。
IMG_0850.jpg

めでたしめでたし?




にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

更新無いので心配していましたが、着実に始動されていたのですね、すごい!私は娘のこはるをあの建物から連れ出すのがやっとで、実際「この子だけ」と目をつぶって来ました。すごいなぁ~私もいつかはここで情報交換できるようになれたらと・・・佐賀は今日、一気に桜の蕾が開きかけました。ごまちさんたちの周りにも、優しく温かい春が、長くとどまってくれますように。更新ありがとうございました。

haluhaluさま、ご心配ありがとうごさいます。

なにやらバタバタと忙しく、日々時間に追われておりました。そうすると、不思議なもので、いろいろと考える間もなく、更新も遅れてしまいました。私は人見知りでして、知らない世界に足を突っ込むのはかなり勇気のいることなんですが、思い切って踏み出してみました。どの活動でも人と人とのコミュニケーションは必要なんですが、これがまた最初はなかなかうまく言葉がでません。ですが、大好きな犬のため、そう言ってもいられないので、人見知りは笑顔とやる気でなんとか乗り越えられたらいいなーと思います。また、ご報告致します。

こんばんは、あの大震災で、青い首輪をしたまま飼い主さんとはぐれ、とても犬とは思えない状態で福島で保護されて、色んな方の命のバトンのお陰で福岡県の「あにまるうぉーく」というボランティアさんの元に辿り着いた子がいました。そこで心も体も癒され、新しい飼い主さまを見つけて貰って数年、とても中身の濃い犬生を終えました。悲しい報せだけれど、こういう方達もいらっしゃるんだと。私もはるなごまちさんやあにまるうぉーくさんのように何かしら動き始めなければと思いました。

こんにちは、haluhaluさま

あにまるうぉーく、聞いたことがあります。まさに私もやりたいと思う、命の危機にある犬達を助けている方々ですね。私もいつか自らそうした活動ができたらいいと思っていますが、まだまだそうした活動をするにはなにもかもが不足しています。ただ、ここでボランティアの活動に参加することで、犬達の幸せのための活動の端っこに加われること自体が幸せなのです。そうなんです、私は自分の幸せのためにボランティア活動に加わりました。haluhaluさんも保護施設からワンちゃんを引き取っておられます。それ自体立派なボランティア活動だと思いますが、参加できそうなボランティア活動が身近にありましたら、そして、もっと幸せになれそうでしたら、どうぞ、ご一緒に活動を始めましょう。

そうですね、今、直結的な行動できなくても小さな関わりや、学びはできますね!頑張ってみます。色々考えてたら早く目が覚めてしまいました。今日も1日、有意義にすごしましょう。ありがとうございます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

はるなごまち

Author:はるなごまち
数年前に両親、そして愛犬をたて続けに亡くし、失意のなか、
去年、とてもさびしがり屋の保護犬ごまちと暮らすこととなりました。

ひとり暮らしと、愛犬を守る重圧を感じつつ、日々暮らしています。
そんな私とごまちの日常と、日々思うことをつづっていきたいと思っています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

ごまち、腎不全⁉  Jun 04, 2017
動物愛護ボランティア1年生 Apr 01, 2017
だまされる女 Mar 10, 2017
ごまちの通院 Feb 19, 2017
週末の片頭痛 Feb 15, 2017

最新トラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

プロフィール

はるなごまち

Author:はるなごまち
数年前に両親、そして愛犬をたて続けに亡くし、失意のなか、
去年、とてもさびしがり屋の保護犬ごまちと暮らすこととなりました。

ひとり暮らしと、愛犬を守る重圧を感じつつ、日々暮らしています。
そんな私とごまちの日常と、日々思うことをつづっていきたいと思っています。

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。